a
ホーム > 各学科新着情報 > 循環農学類 > 高橋茂教授最終講義報告

Topics

掲載日:2017.02.09

高橋茂教授最終講義報告

DSC_0045

 2月8日(水)10時40分からC5棟101番教室を会場に循環農学類家畜改良学研究室の高橋茂教授の最終講義が行なわれた。今井敬教授の司会で進行し、会場には教職員、学生、乳牛研究会メンバー等約100名が熱心に聴講した。演題は「これからの乳牛改良と本学の関わり」。

DSC_0005DSC_0009DSC_0014

 同窓生でもある高橋教授は家畜繁殖学研究室出身で、本学助手を経て、カナダ・インターナショナル牧場での研修後、家畜改良事業団に勤務。定年後の2009年から本学特任教授として現在に至っています。

DSC_0016DSC_0017DSC_0019

 特に昨年は全共における未経産牛の部でのソフィアの快挙や佐久市の川村吾蔵氏のツルータイプの展示等にもご尽力をいただいた。そうした功績もあり、本学職員表彰や全共でのご活躍による貢献賞も受賞。また3月には宇都宮賞酪農指導の部での受賞も予定されています。

DSC_0020DSC_0022DSC_0024

 今回の最終講義では先生のご経歴を紹介していただきながら、乳牛改良の課題やこれからゲノム新時代における本学での乳牛改良について、遺伝的改良の導入の必要性も含めて丁寧に説明していただいた。

DSC_0027DSC_0028DSC_0031

 最後に学生や関係者、乳牛研究会等から先生へのたくさんの感謝の花束が贈呈された。

DSC_0035DSC_0039DSC_0041

酪農学園同窓会校友会(2017.02.09)

このページのTOPへ戻る